2019年9月8日日曜日

第5回パリ短歌イベント パリ短歌クラブ賞ほか各賞の受賞者発表


第5回パリ短歌イベントのための短歌賞へのご応募ありがとうございました。合計63首が集まりました。フランス各地の応募に加え、日本、アメリカからの応募もありました。
 
9月7日、パリ短歌イベントの際に、参加者が投票を行い、下記の短歌に各賞を授与することが決定しました。参加者のみなさん、どうもありがとうございました。
 
受賞者のみなさん、おめでとうございました。

 
   ◇◇◇
 
 
パリ短歌クラブ賞

はつなつやcherche-midi(まひるをさがす)とふ径に(あふぎ)をえらぶをみなありけり   守中章子

 
  ◇◇◇
 

在フランス日本国大使館賞

モノクロの路地に絵の具を塗るようにサン=ルイ島に垂れる夕やけ   鈴木晴香  
          

在仏日本人会賞
 
きみに見てもらう原稿右肩をエッフェル塔のクリップとめて   鈴木陽美(東京)


  
パリ日本文化会館賞

半世紀経ちて老いたるわが友がいまだに語る五月革命   永岩孝英(東京)
 

パリ国際大学都市日本館賞

ほのぐらきパリのメトロの通ひ路に玲瓏と鳴るヴィオロンの音  松本直哉(大阪)
 


  ◇◇◇


浦田良一特選賞、齊藤あや子特選賞、鈴木フラマン裕子特選賞、高山花子特選賞、中島さおり特選賞、森山佳久子特選賞

はつなつやcherche-midi(まひるをさがす)とふ径に(あふぎ)をえらぶをみなありけり   守中章子

 
小島麻智子特選賞、千倉由穂特選賞、宮里万里特選賞

きみに見てもらう原稿右肩をエッフェル塔のクリップとめて   鈴木陽美(東京)


美帆シボ特選賞、松本実穂特選賞、堀切克洋特選賞

半世紀経ちて老いたるわが友がいまだに語る五月革命    永岩孝英(東京)
 

橋本勝義特選賞、渡辺一敏特選賞

モノクロの路地に絵の具を塗るようにサン=ルイ島に垂れる夕やけ   鈴木晴香           


工藤貴響特選賞、桐村茜特選賞

似てなくて似ているような白とロゼ目を閉じて夏を思い出してる         藤岡典子     


宗近真一郎特選賞、中野芳彦特選賞

手にハムとバゲットもちたる作業着の三人(みたり)の男の列に並べり        工藤貴響

 
守中章子特選賞、今泉摩美特選賞

尖塔は燃ゆる夕陽を内に抱き我の不実を照らしたまひつ   中島さおり              
 

梅原ひろみ特選賞、花谷圭人特選賞

ねえ誰かおいでよあたしのアパルトマン人生はジンセイはつて話してよ、ねえ。    井上克征(神奈川)
 


山口文子特選賞、レリト―真美架特選賞

死へと向かうジュリアン・ソレルのたましいが活字の奥に燃ゆるはつなつ   五十子尚夏(滋賀)


関田喜美子特選賞

日を終えてドアを開けばインディゴの空に脈打つ聖なる心臓(サクレクール寺)   桐村茜 
 
  
藤岡典子特選賞

遠いけん介護はええよ恨まんよほんの半日飛ぶだけなのに   マリオンめぐみ(パリ) 
 

鈴木康子特選賞

ハミングの似合う顔した修理屋が屋根に上りて愛を語りぬ   山口文子
 

伊藤惠子特選賞

千年の樹齢の樫の千五百もゆる聖堂カジモドの影   美帆シボ          

 
高橋史子特選賞

酔いどれの僕らの前に聳えたつムーラン・ルージュの風車がまわる    服部崇     
 

鈴木晴香特選賞

あなたからセーヌ左岸に目をそらす ぼんのくぼがおさなすぎるよ     林恵津子(群馬)
 

野原亜莉子特選賞

肘までの黒き手袋嵌めませう五指の先まで巴里愉しまむ       山口弘子(神奈川)


服部崇特選賞

空で寝る ロワール川の夢をみる 子供のころの景色を悔いる  シリル・パリュス
 

横森ちづ子特選賞

ガルニエに風さうさうとわたるらむ錦秋に師の舞はむ鷹姫      笹谷潤子(神奈川)

 

 

2019年8月29日木曜日

Journée annuelle du Paris Tanka Club - 5ème édition

Journée annuelle du Paris Tanka Club  - 5ème édition 

Venez Participer nombreux à notre réunion de tanka à Paris!

Le « tanka » est une forme traditionnelle de poésie japonaise, anciennement appelée « waka »  et dont la première anthologie intitulée « Man'yōshū » date du VIIIème siècle. Le « tanka » n’a cessé d’être pratiqué depuis cette époque lointaine jusqu’à aujourd’hui. C’est un poème court de 31 syllabes, constitué de cinq vers dont les premier et troisième sont pentasyllabiques, les deuxième, quatrième et cinquième heptasyllabiques (5-7-5-7-7, soit 31 syllabes).

Le Paris Tanka Club organisera le 7 septembre 2019 sa journée annuelle de tanka ouverte à tous. En vue de cet évènement nous invitons toute personne intéressée à nous envoyer un tanka de son cru sur le thème « France et/ou Paris » avant le 31 août. Lors de la journée de tanka, les tankas préalablement proposés par les participants seront appréciés et commentés par les membres du Club et par les participants eux-mêmes. Plusieurs prix dont le 5ème Grand Prix du Paris Tanka Club seront décernés aux tankas sélectionnés. Vous aurez également la chance d’assister à une conférence donnée par la jeune tankiste Haruka Suzuki sur le tanka contemporain.



Date et heure : le samedi 7 septembre 2019, à partir de 14 heures (accueil des participants à partir de 13 heures 30)

Lieu : le grand salon de la Maison du Japon de la Cité Internationale Universitaire de Paris
           7c Boulevard Jourdan, 75014 Paris

Tarif : gratuit


Programme et horaire (événement en langue japonaise, sans traduction)

14:00     Ouverture

            Concert de flûte : Yasuko Suzuki,  piano : Sanshirô Hashimoto

14:10     Propos d’ouverture

14:30   Conférence intitulée « le monde ouvert par le tanka – carte dessinée avec 31 lettres » (conférencière : Haruka Suzuki)

15:20 Table ronde : commentaires des jurés sur les tankas proposés par les participants et sélection des tankas primés

17:00 Cérémonie de remise des prix

17:20 Propos de clôture

17:30 Cocktail de l’amitié (participation gratuite)


Pour participer à la Journée de tanka

Nous vous invitons à vous inscrire préalablement (avant le 6 septembre) sur le site Internet suivant : http://paristankaclub.blogspot.fr
  
Pour nous envoyer votre tanka

Nous vous invitons à composer un tanka sur le thème « France et/ou Paris » et à nous l’envoyer par le biais du site Internet suivant : http://paristankaclub.blogspot.fr . La date limite est le vendredi 31 août.

La participation à cet évènement est gratuite et ouverte à tous. Plusieurs prix dont le 5ème Grand Prix du Paris Tanka Club seront décernés aux tankas sélectionnés lors de la Journée de tanka. Les tankas primés seront ultérieurement publiés sur le blog du Paris Tanka Club.

Chaque participant doit envoyer un seul tanka. Si le tanka doit absolument traiter le thème « France et/ou Paris », il n’est pas nécessaire d’y insérer le mot  « France»  ou  «Paris ».

Quand vous nous envoyez votre tanka, n’oubliez pas de préciser en même temps vos nom et prénom ainsi que vos coordonnées (adresse postale et adresse e-mail).


Si vous avez des questions
Contactez-nous par e-mail à l’adresse suivante : paristankaclub@gmail.com

 

Journée organisée par le Paris Tanka Club   http://paristankaclub.blogspot.fr
Avec le soutien de l’Ambassade du Japon en France.

2019年8月19日月曜日

第五回パリ短歌イベント 短歌募集期間の延長のお知らせ

  題詠「フランス・パリ」。フランス・パリに関する短歌の募集期間を8月末まで延長いたしました。ぜひご応募ください。


 提出先https://kokucheese.com/event/index/564638/ 無料です。

 締め切り: 8月31日(土)(日本時間9月1日(日)午前8時) 

 一人一首に限る。フランス、パリという言葉が含まれている必要はありません。

 名前、連絡先(住所、メールアドレス)、短歌一首を記載のこと。


[問い合わせ先] 

 お問い合わせは、パリ短歌クラブ(paristankaclub@gmail.com)までメールにてご連絡ください。

 
 
 
 

2019年4月30日火曜日

第五回パリ短歌イベント「パリの歌会に参加しませんか?」


  短歌とは、万葉集の「和歌」の時代から現代にまで続く日本の伝統的な詩のかたち。五・七・五・七・七という三十一音による定型詩。

 パリ短歌クラブでは、来る9月7日にどなたも参加自由の短歌イベントを行います。これにあわせて、フランス・パリに関する短歌を募集いたします。当日は、応募いただいた短歌について、参加者を交えた意見交換を行うとともに、これらの短歌の中から選んだ短歌に対して「第五回パリ短歌クラブ賞」その他の賞を授与いたします。また、鈴木晴香氏による現代短歌に関する講演を予定いたしております。

 

日時: 2019年9月7日(土)14時開会(13時30分受付開始) 

場所:  パリ国際大学都市日本館 大サロン

    MAISON DU JAPON Cité Internationale Universitaire de Paris 

    7c, Boulevard Jourdan, 75014, Paris, FRANCE

 

入場料無料

 

プログラム(使用言語:日本語):

14:00 オープニング 

14:10 開会の挨拶

14:30 講演会「短歌がひらく世界-31文字の地図-」(鈴木晴香)

15:20 歌会、選評

17:00 表彰式

17:20 閉会の挨拶

17:30 懇親会(イベント終了後、会場にて懇親会(無料)を予定しています。)

 

[参加者募集]
 
  短歌イベントの参加のお申込みについては、https://kokucheese.com/event/index/564637/ にて。直前まで受け付けています。

 
[短歌募集] 
 
  題詠「フランス・パリ」。フランス・パリに関する短歌を一般の方々から広く募集いたします。当日、「第五回パリ短歌クラブ賞」他の受賞者を決定するとともに、後日、結果をパリ短歌クラブのブログ等にて発表いたします。

 提出先https://kokucheese.com/event/index/564638/ 無料です。

 締め切り: 8月18日(日)(日本時間8月19日(月)午前8時) 

 一人一首に限る。フランス、パリという言葉が含まれている必要はありません。

 名前、連絡先(住所、メールアドレス)、短歌一首を記載のこと。

 
[問い合わせ先] 

 お問い合わせは、パリ短歌クラブ(paristankaclub@gmail.com)までメールにてご連絡ください。


主催:パリ短歌クラブ http://paristankaclub.blogspot.fr/  

後援:在フランス日本国大使館、在仏日本人会、パリ日本文化会館、パリ国際大学都市日本館
 
 
 



2019年2月3日日曜日

「パリ短歌2018」PDF版の公開について

 パリ短歌クラブでは、昨年7月、歌誌「パリ短歌2018」を発行いたしました。

 このたび、より多くの方々にお読みいただけるよう、PDF版をウェブ上で公開することといたしました。下記よりご自由にご覧ください。

https://drive.google.com/file/d/1kmjP1UH7StKw0I84mPrh33jxtfMUS9m8/view?usp=sharing

2018年9月25日火曜日

第4回パリ短歌イベント パリ短歌賞ほか各賞の受賞者発表



 第4回パリ短歌イベントのための短歌賞へのご応募ありがとうございました。合計60首が集まりました。フランス各地の応募に加え、日本、アメリカからの応募もありました。
 
9月23日、パリ短歌イベントの際に、参加者が投票を行い、下記の短歌に各賞を授与することが決定しました。参加者のみなさん、どうもありがとうございました。
 
受賞者のみなさん、おめでとううございました。
 


   ◇◇◇
 

パリ短歌クラブ賞

青かびのチーズのあとの口づけの痛かりき青ひげのそりあと          伊藤惠子
 


   ◇◇◇
 

在フランス日本国大使館賞

住み慣れし者をも打てりパリの美はセーヌにかかる橋渡るとき        中島さおり      

 

在仏日本人会賞

閉め切った雨戸の中にひっそりと深海魚のよう真夏日のパリ          藤岡典子         

 

パリ日本文化会館賞

さかさまにマリアンヌ像は揺れてをり水の鏡となれる広場に          松本実穂          

 

パリ国際大学都市日本館賞

裏町の小暗き部屋に身を隠すこのかくれんぼ  もういいよパリ        末安美保子

 

   ◇◇◇

 

末安美保子特選賞、浦田良一特選賞、花谷圭人特選賞

青かびのチーズのあとの口づけの痛かりき青ひげのそりあと          伊藤惠子

 

河村映子特選賞、高橋史子特選賞

住み慣れし者をも打てりパリの美はセーヌにかかる橋渡るとき        中島さおり      

 

吉田田鶴子特選賞、小島麻智子特選賞、横森ちづ子特選賞

閉め切った雨戸の中にひっそりと深海魚のよう真夏日のパリ          藤岡典子         

 

美帆シボ特選賞、渡辺一敏特選賞

さかさまにマリアンヌ像は揺れてをり水の鏡となれる広場に          松本実穂          

 

橋本勝義特選賞

裏町の小暗き部屋に身を隠すこのかくれんぼ  もういいよパリ        末安美保子

 

中島さおり特選賞

かりそめのパリの砂浜(パリ・プラージュ)に陽は落ちて淡くステップ踏む老夫婦          山口文子

 

守中章子特選賞

残業の窓からAllez!のかたまりへ投げたい我のアディショナルタイム  大谷悠紀子   

 

浜中万喜子特選賞

マロニエの縮れ葉を踏むこの朝に思えど遠し弾け散る碧              櫻井三紀

 

鈴木康子特選賞

パリ郊外秋の日差しに揺れている朝顔の葉よハートのさざなみ       真島敦子

 

齊藤あや子特選賞

銃下げし兵士鋭きまなざしに老女のかけるボンジュールかな     安達朋子

 

山口文子特選賞

妹のフェイスブックをたどる旅フランスに遠く生きて来たれば        西岡徳江(米国)

 

松本実穂特選賞             

八月も終はりとなれば今年またパリを想へる歌を詠みたり            堀切克洋

 

鈴木晴香特選賞

ペディキュアの十の小窓のあかあかと帰るひと待つ異国(とつくに)の夕         今泉摩美(神奈川)                  

 

鈴木フラマン裕子特選賞

オペラ座のエトワル目指す少女らは翼の形の骨を背に持つ            阿部小百合

  

岡部訓子特選賞

バゲットパン持ち犬と一緒の帰り道毛並みに照り映ゆる夕陽も歩く    浜中万喜子             

 

藤岡典子特選賞

いくつものアパルトマンの窓灯りそのひとつへと帰り行きたり        千倉由穂

 

森山佳久子賞

口ひげのあいつとふたり銀巴里へブラッサンスを口ずさみつつ        笛地静恵(神奈川)

    

堀切克洋特選賞   

トイレへと立ちゆくひとのワイシャツに切り取られたるシネマのくちびる 佐久間得幸(愛知)

 

梅原ひろみ特選賞

ふらんすのごとくに遠き君なれば別れに贈る朔太郎詩集              伊井かずひろ(神奈川)

 

服部崇特選賞

珈琲の薫りと煙につつまれてあさの木洩れ日テラスにそそぐ          徳田昭雄

 


レリトー真美架特選賞

ゲルニカの描かれしパリのアトリエを翔たつコロンブ虹たつ空へ      宮里万里 
 


宮里万里特選賞     
 
編み物を習ふ少女の横顔にフランスの野の光は差せり                梅原ひろみ(京都)


 

選外佳作

モディリアーニ描きし女の撫で肩にエッフェル塔のカーブが潜む   中山春美(東京)

葬送の船を囲みて小舟行くオンフルールの沖に眠れと              吉岡恵子

息を詰め決戦を待つ街角でタクシーの(むれ)主なくして             鈴木フラマン裕子

春の日に歩くギャラリー・ヴィヴィエンヌ骨董品の猫と目が合う   鈴木陽美(東京)

河かわきパリうら返る日藍青のそらにま白き時祷書の城              花谷圭人

 

2018年9月1日土曜日

パリ短歌イベントの短歌の応募の締め切り時間について

お世話になっております。

パリ短歌イベントの短歌の応募のサイト http://kokucheese.com/event/index/519953/ の締め切り時間の設定が日本時間の831日(金)2359分となっており、フランス時間に設定できずにご不便をおかけしております。万が一この時間に遅れてしまって入力ができなかったという方がいらっしゃる場合には、恐縮ですが、担当( paristankaclub@gmail.com  )までご連絡ください。9月7日(金)までにご連絡をいただけた場合に限り詠草集に加えさせていただくことといたしたく存じます。

なにとぞご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。